ピザは最高の食べ物

<< D&D4th 同行キャラクター用キャラクターシート | main | DMG2:愛の賜物 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
伝説の道一覧/ソードメイジ編

 そろそろ伝説の道で、目星は付けてたけど再確認含めて読みなおしたので、せっかくなのでレビュー。



長くなりそうなので折りたたみ

フォーゴトンレルム・プレイヤーズガイド
 言わずと知れたソードメイジ本。この本がなければ何も始まらない。
 いい加減エラッタ当ててください。

アナーク・オヴ・シア/シアの混沌の戦士
 元素の混沌の力を使う、アソールトソードメイジ。アイビアからの来訪者たちの末裔だが、もう別にシアに仕えていない。
 火力重視の伝説の道で、乱れ剣アクションでアクションポイントを使ったときに一発殴れる。
 構え(遭遇毎!)パワーのスタンス・オヴ・ケイオスが強力。命中判定に-2して、武器攻撃に+1D12のいずれかのエネルギーダメージ(元素は使用者が選ぶ)を加える。必殺技の、シアラン・カタクリズムも噴射範囲にエネルギーダメージを撒き散らすパワーで、まず抵抗できないという強力なパワー。

アンブリリ/アンブリリ
 ネザリルの影を使うソードメイジ。イージスの形は問わない。影の暗殺者組織の一員で、秘密結社っぽい感じ? 3.5eのイルーミアンなんかが似合いそう。
 おぼろのアクションは自分の周囲に視認困難を提供する。クラウドオブダークネスの弱い版かしら。
 コンシーリング・アンブラはローグのアシストに使えるけど、微妙かなぁ…。シャドウド・サイキは相手を支配するパワー。影を操ることでその影の或るじも操れるってわけかな。
 面白いんだけど、強いかっていうと…どうだろうか。

コロナル・ガード/コロナル親衛隊員
 ミス・ドラナーの再建によって、失われていたコーマンシア国伝統の剣魔法も復活した。コロナル・ガードはその伝統を伝えるソードメイジ。イージスは問わないけど、能力がシールディング用なので実質シールディングソードメイジ用。
 剣盾アクションはあんまり楽しくないけど、銀盾強化は、シールディングの効果発動のたびに10+耐久力修正分の一時的HPを得る能力。うまく位置取りすれば、かなり長い間最前線を支えられそう。
 ソードメイジの鎧強化でACが上がって、さらにドラゴン・スケイルズで遭遇中AC+2、ホストオブシールズなんかの[構え]も使えば、かなりACを稼げるんじゃないだろうか。
 アナーク・オヴ・シアと対照的な守りに強いソードメイジ。

ワンダリング・ソードメイジ/さまよえるソードメイジ
 世界を放浪して知識を収集し、歴史の知識で戦うソードメイジ。なんだろう。かっこいいようなそうでもないような。マスターキートンとかインディージョーンズみたいなロールプレイをすればいいのかな。ヒドゥンエッジはこれがいい。彷徨える術剣士はイメージに合う。
 盾の洞察がやはり強力。通常2マスのイージスを、2+判断力修正に増やせる。伝説級特技の《二枚盾》なんかと相性がよさそう。防衛役として仕事をしやすくなる。
 〈歴史〉技能へのボーナスも、技能パワーと組み合わせると威力を発揮しそう。
 アーケインタングルステップが、シールディングの代わりに使用できるけど、起動タイミングは対応になってしまうのか割込のままなのかが気になるところ。


秘術の書
 絡めとるソードメイジが追加されてる本。伝説の道は6種類。背景世界がないので、個性はちょっと弱めかしら。

アーケイン・ハンター/秘術剣の狩人
 エンスネアメントソードメイジ用の伝説の道。多彩な攻撃と弱点を見抜く慧眼が特徴らしいけど、レルム本の伝説みたいに背景がないからどんなやつかよくわからん。
 とにかく敵の抵抗を破る技が得意。「知り抜いた一撃」は、非物質的の特徴すら突破できる。
 エレメンタル・スタンスは、エネルギーダメージを与える武器を使えば、[構え]中は実質ダメージ+5。
 フロー・シーキング・ストライクは、敵の脆弱性の部分にダメージを与える。知識判定が足りない時の脆弱性探しに使えるかな。
 うーん…。

ウォード・ガーディアン/呪文盾の守り手
 ソードメイジの防護を活用するソードメイジ。パワーや特徴もソードメイジの盾用のものがメイン。
 守り手のアクションや呪文盾の即応は、周囲の味方にソードメイジの盾を提供するので、全体のACを底上げすることができる。
 シェルタリング・ウォードは維持・マイナーで味方にソードメイジの防護の効果を与えるけど、これやってるとマークできないし…不便。
 アンシーン・エンタングルメントは、敵にダメージを与える他に、自分が得ているソードメイジの防護の場所(呪文盾で別な場所にも得ている前提だとおもう)の防御値に-3する。けどこれ、《上級ソードメイジの防護》と組み合わせると、全部の防御値を-3できるのかな?
 防御的すぎてあんまし好みではないけど、強力ではあると思う。

ゴースト・ブレード/幽刃剣士
 空間を渡る幽霊のごときソードメイジ。位相移動や瞬間移動に長ける。イージスは問わないけど、パワーがアソールト用なのでアソールトソードメイジ用かな。
 綴れ織り紛れの術は、アクションポイントを使うと非物質的になる能力。防御的にも攻撃的にも使えるかな。狭間に忍ぶものの能力で、[瞬間移動]の移動距離に+2マスするのもいい。
 フェイズ・イヴェイジョンは即応割込みで使える防御技。ヒットに割り込んで非物質的になりダメージを軽減するかキャンセルする。
 オムニプレゼント・アソールトがかっこいい。視界内の敵すべての所に瞬間移動して全員を切り刻む。おお、分身剣。

セイジ・オブ・フェイツ・ボンズ/宿命の縁の賢者
 エンスネアメントソードメイジ用。人と人とを結ぶ縁を操作してうまい位置取りを行う。縁を操作してやることが位置調整ってのもなぁw
 憤怒の縁と避難の縁は即応・対応なので、エンスネアメントと同居できない。ちょっとこれ不便じゃね?
 パワーのプロテクティブ・ボンドは超強力。遭遇終了まで、一人の味方に攻撃をヒットさせた敵を、即応割込で自分に隣接するマスに瞬間移動させれる。これにより、完璧に一人を守ることができる。
 けど、それ以外はなぁ…いまいち…ピンとこないなぁ。

シジル・カーヴァー/秘印彫りの剣士
 エラドリンに伝わるシジル魔法の使い手。シールディングソードメイジ用の防御的な道。
 能力は、主に味方を援護するもの。活力の秘印は、アクションポイントを使ったときに周囲の味方にセーヴを行わせる。便利。賦活の秘印は隣接する味方の防御値を+2する。
 懲罰の秘印は、マークしたクリーチャーが自分以外を殴ったら、間合いの外でも機会アクションとして基礎攻撃できる。これ、機会アクションであって即応アクションじゃないからシールディングと同居できるんだね。イージスをばらまける伝説級以上だと便利!
 シジル・オブ・セーフティは、味方を守る割込。シジル・オブ・エンミティは、遭遇終了まで目標を近接攻撃する味方のダメージに+2D6する。…これ、レンジャーと組んでツインストライク両方当たったら+4D6? うわ、まーじでー。

ソード・オブ・アソールト/猛襲戦士
 生のエネルギーをそのまま敵にぶつけるという苛烈なソードメイジ。アソールト用。ダメージ重視だねー。アナークオブシアと似た感じかな。
 戦闘魔道士の用意周到は、アソールトで行う基礎攻撃を無限回パワーと差し替えるもの。ソードバーストでついでに周囲にダメージを入れたり、ルアリングストライクで位置を入れ替えたりとかなり強力に使えそう。
 パワーはそこまで目を引くものはないかなー。
 しかし、アソールトを無限回パワーでできるのはやっぱり強く感じるし、猛襲突撃の、アクションポイント使用時、突撃の基礎攻撃を遭遇毎攻撃パワーに差し替えるのは可能性を感じる。
| D&D | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:49 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする






*URL入りコメントはスパム回避のため書き込みできません。


この記事のトラックバックURL
http://stealer.jugem.jp/trackback/133
トラックバック
ついったー
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アーカイブ
LINKS
カウンタ
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS